怒り





誰かに対する「怒り」を
いつまでも手放せないでいる人は

自分の中でその「怒り」の対象に対して、
ものすごくエネルギーを消耗していることに
気づいていますか?

「怒り」の原因は、
過去に誰かに傷つけられたことや
自分の期待に反した行動を
相手の人がとったときに
沸き起こることが多いようです

いつまでもその時の「怒り」を許せずに
自分の中にくすぶった思いを抱え続けていると
潜在意識は、自分と相手の2人称の
区別がつきませんので、
結局は、自分自身の魂を
傷つけ続けてしまうことになるんです

「怒り」を手放すために
「許す」ことに
ほんの少しだけ意識を
向けてあげましょう

大切なあなたを傷つけた相手のことも・・
大切なあなたの気持ちをわかって
くれようとしなかったあの人のことも・・・
いつまでも「怒り」の念を手放せないでいる
あなた自身のことも・・

「許す」ことができたとき、
結局、自分自身が一番
ラクになれるのです

「怒り」は自分の中のエネルギーを消耗させ、
自分の魂を傷つけてしまう行為であることに
気づいてあげましょう

大切な
あなた自身のために・・




戻る