光の存在からのメッセージ
 






2004年11月11日

破壊的なエネルギーと調和のエネルギーについて

破壊的なエネルギーとは、
あるものを打ち壊す力をもっています。
これは、お互いに相容れないエネルギー同士がぶつかり、
干渉しあう時や、どちらかが一方より優位に立とうとするとき、
その干渉波の波が増幅し、一方を巻き込み、相手のエネルギーを
奪うようにして壊していきます。

その時、一時的に力をより多く加えた方のエネルギーは、
打ち砕いたエネルギーの波の一部を吸収し、
一時的にエネルギーが大きくなったような現象が起ります。
ここで、力を加えた者は、エネルギーを得たかのような
錯覚と満足を得ることになります。

しかし、実際には、打ち砕いた時に発生した、もう一方の相手の
エネルギーの一部が反作用的な動きを始め、その波形の一部が
怒りや憎悪となって、力を加えた相手に無意識に向かっていくことになります。

そして、一時的にエネルギーを得た相手のエネルギー領域に、
その反作用の因子を持ったエネルギーが矢のように食い込んでいき、
再び無意識下で相手のエネルギーを侵食し始めます。

このようにしてお互いのエネルギーを侵食しあう波形は、
やがて膨大なエネルギーを消耗し、
お互いが互いのエネルギーを破壊していく結果となります。

一方、調和のエネルギーとは、
自分から流れた光の波形が、相手のエネルギーによい影響を与え、
相手のエネルギーを増幅し、エンパワーしていく力があります。

そこでは、プラスの波形が共鳴しあい、お互いは
心地よさを感じることになります。

エネルギーはこのようにして、反発しあい破壊する力と、
共鳴しあい増幅しあう力をもっています。
そして、人間はそのどちらも使うことができる存在なのです。

より進化と成長を遂げた魂は、こうしたエネルギーの法則を理解し、
自らのエネルギーをコントロールしていくことを学んでいくことになります。



2004年11月10日

横浜エンジェルパーティに参加された方たちへのメッセージ

みなさん多くの者がいくつかの選択肢の中で、どの道に行こうか
迷っている者が多くおります。
いくつかの選択肢の中で、新しい道へ進むべくエンパワーされ、
光の道がより明確になった者もおります。

人には無限の能力と可能性があり、それを限定してしまうのは、
人間の意識や概念に過ぎません。
一人ひとりが自分の歩むべき道をより明確に確信するために、
エゴや自分本位の考え方を手放し、自分自身をより純粋化
していく必要があります。
一人ひとりの意識の中には、すでにすばらしい光の波動が
存在しており、あなたたちはただ、そのことに
気づいていくだけでよいのです。

どうか常に光とともにあること、自らが光であることを
忘れないでいてください。
私たちは常にみなさんを見守り、エンパワーしています。
今日はありがとうございました。



2004年10月

光の存在と聖なる母からのメッセージ集へ
戻る