聖なる母からのメッセージ
 







2004年7月1日

今、私たちが体験しているこの世界は、心の中にある内的世界を
反映するかたちで現象界に投影されております。
同じ次元の中で生きながら、また、同じ現実の中で生きながら、
一人ひとりが感じ味わい、体験する世界が違うのは
その心の中に投影されている世界が一人ひとり違うからに他なりません。

もしあなた方の現実が厳しいものであるならば、
また苦しいものであるならばその投影の元となっている心的状態を内観し
確認をするようにしてみてください。
心の中に平和と光を見出すものは、たとえどのような現実の中にあろうとも、
平和と安らぎの光の中に包まれた状況、現実を
感じ取ることができるでしょう。
外側に起こる事象に目を奪われることなく、
全ては心の状態を反映したものを
あなた自身が体験しているということを覚えておいてください。

今、ここに肉体とスピリットをこの現実に統合しながら生きていくために、
より高い意識の波動が求められております。
過去への執着や後悔、未来への憂い、こうしたことにエネルギーを
縛られることなく、エネルギーを停滞させることなく、
今この瞬間をおおいに味わい、感じ、楽しむようにしてみてください。

あなたの心と魂がこの瞬間にあり、100%喜びの中で
楽しみ、喜びの波動を感じることができたなら、
どのような外的要因もそれを奪うことはできないでしょう。
全てはあなた方一人ひとりの心の状態が、
体験する現実を創り出していくのです。
いいかえれば、心の状態を変えることさえできたら、瞬時にあなたが知覚し
感じる現実も変化をしていくということになっていくのです。

新しい流れの中で、葛藤やもがき苦しむ人が少しでも、一刻も早く
光とともに意識を高めていけるように、私たちは常に見守り、
そして気づきのためのメッセージを送り続けています。



2004年6月

光の存在と聖なる母からのメッセージ集へ
戻る